FRPグレーチング CHUBU-NETCHUBU-NET
特長 ラインアップ 取付金具 施工事例 PDFカタログ 資料請求
FRPグレーチングは軽量で高強度。優れた耐性を持つ多目的格子材です。


FRPとは
FRPとはFiberglass ReinforcedPlastic:ガラス繊維で強化されたプラスチックのことであり、通常は強化プラスチックと呼ばれている複合材料です。複合材料とは2種類以上の材料を組み合わせ、それぞれの長所を生かし短所を補う材料のことです。FRPは樹脂とガラス繊維から構成されています。樹脂には耐水・耐薬・耐熱等の効果があり、ガラス繊維には機械的強度の効果があります。弊社の樹脂は一般用途から、より耐薬を求められる薬品工場等まで幅広く使用できます。 写真

特長
(1)軽量だから、設置工事が容易に行えます。
(2)強度が高く、充分な安全性が保てます。
(3)耐薬品性に優れ、設置場所を選びません。
(4)長期間の屋外暴露もOK!FRPならではの優れた耐候性です。
(5)電気絶縁性が強く、非磁性。電気分野への用途が広がります。
写真

ベースカラー
写真
グレー
写真
ライトグレー
写真
ホワイト
写真
クリア

オーダーカラー(受注生産品) アイボリー以外は屋内仕様でご使用下さい。
写真
アイボリー
Y0715
写真
ブラウン
G1059
写真
ブラック
BK0615
写真
レッド
R1061
写真
グリーン
G1428
写真
ブルー
B1663
写真
ライトブルー
B0202
写真
イエロー
Y0617
※ご希望の色がありましたら、弊社までお問い合わせ下さい。

耐薬品性評価表(耐薬品タイプのみ)

適用形式 FG4040V・FG4025V・FG2525V
薬品名 濃度(%) 使用限度
温度(℃)
酢酸 50 82
クロム酸 20 38
硝酸 5 70
リン酸 85 100
硫酸 25 100
塩酸 <10 100
20 90
37 65
臭化水素酸 25 93
乳酸 100 100
安息香酸 飽和 100
水酸化アルミニウム 飽和 82
アンモニア水 28 52
水酸化ナトリウム 10 65
25 65
50 70
硫酸アンモニウム 飽和 100
塩化アンモニウム 飽和 100
炭酸水素アンモニウム 飽和 52
塩化銅 飽和 100
薬品名 濃度(%) 使用限度
温度(℃)
シアン化銅 飽和 100
塩化鉄 飽和 100
塩化鉄 II 飽和 100
硫酸マンガン 飽和 100
シアン化ナトリウム 飽和 100
硝酸ナトリウム 飽和 100
硫酸亜鉛 飽和 100
硝酸カリウム 100 100
クロム酸カリウム 100 100
エチレングリコール 100 100
プロピレングリコール 100 100
ガソリン 100 80
ブドウ糖 100 100
グリセリン 100 100
オキシドール 30 38
塩素ガス(Dry) 100 82
塩素ガス(Wet) 飽和 82
100 100
蒸留水 100 93
淡水 100 100
※上表の内容は指標であって保証値ではありません

開口率

FG4040 FG4025 67.4%
FG2525 66.7%
FG2525T 60.9%
FG25K 51.3%
比重・比強度

  比 重 比強度
FRP 1.6 15.0
7.8 5.4
アルミ 2.7 7.0

比強度…比重で比べた強度

切断加工

FRPグレーチングの定尺パネルより小さいサイズに切断加工が可能です。

弊社で切断の場合
本サイト内の「ベアリングバーの本数と寸法の関係」をご覧の上、切断寸法をご指示下さい。
表記寸法で切断するとクローズエンドとなり、納まりや連結が容易になります。表記寸法で切
断する事を推奨します。
現場で切断の場合
マスク着用※の上、ノコギリや丸ノコなどで容易に切断が出来ます。切り口はガラス繊維や
バリが出てきますので安全のためヤスリやグラインダーなどで仕上げて下さい。
※粉塵対策でマスクが必要です。

耐衝撃性
衝撃により樹脂が割れる場合がありますが、ガラス繊維の破断が無ければ強度低下はほとんどありません。
強い衝撃によりガラス繊維が破断した場合(竹を割った時の様な)は新しいFRPグレーチングに取替える必要があります。
注)割れ(クラック)や破断を防ぐためにFRPグレーチングを落下させたり、衝撃を与えないでください。

FRPとは
FRPグレーチングは製品に充分な強度と耐久性を向上させる目的で加熱して成型しております。そのため製作時に割れ(クラック)や気泡が出来る場合がありますが、強度低下はほとんどありません。

FRPとは
平成15年7月施行の改正建築基準法によりホルムアルデヒドを使用する建材が規制の対象となりました。
そのため次のような確認試験を行ないました。
試験方法:JIS K5601-4-1
塗料成分試験:ホルムアルデヒド
測定法:デジケーター法
試験結果
ホルムアルデヒド濃度

(mg/L) 放散等級
FG4040(ホワイト) 0.16 F★★★
デジケーター法による区分
JIS表示 濃度(mg/L) 内装仕上げ制限
F★★★★ 0.12mg/L以下 なし
F★★★ 0.35mg/L以下 使用面積に制限有
F★★ 1.8mg/L以下
なし 1.8mg/L以上 使用禁止

FRPとは
アイボリー以外は屋内仕様でご使用下さい。 使用上のご注意
グレーチングの選定をはじめ、敷設、受枠などの工事は、専門業者による規格に沿った設計・施工をお願いいたします。
(1) 取扱い上の注意
手袋などをしてケガのないよう取扱ってください。
グレーチングや受枠の上を素足で歩かないでください。
(2) 設計条件を超える荷重がかかる場所では使用しないでください。
グレーチングは、使用する場所や用途に合わせて耐荷重を設定しています。設計条件以上の荷重がかかった場合、変形や破損を招き、事故の原因となることがあります。
(3) 破損、変形したグレーチングの使用は避けてください。
変形したり破損したグレーチングは、強度や機能が著しく低下しており、事故の原因となることがあります。

ラインアップ
TOP