会社概要

会社概要

商号 株式会社中部コーポレーション
創業 昭和17年8月創業
設立 昭和21年10月設立
代表者 取締役社長 三林義典
資本金 10,000万円
事業の目的 (1)建築・設備・土木・公園用器材の製造販売
(2)氷削機及び業務用調理機・鉄器等の製造販売
(3)前項に附帯する一切の業務
営業品目 (1)建材事業部
建築・設備用器材
ルーフドレン・ステンレスグレーチング・玄関マット・ピット金物・消火器ボックス・
FRPグレーチング・エキスパンションジョイント・フロアーハッチ・マンホールカバー・
バルブボックス・鋳鉄製格子蓋・排水トラップ・排水金具・グリーストラップ

土木・公園用器材
下水道用鉄蓋・化粧鉄蓋・カラー舗装用溝蓋・スチールグレーチング・ダクタイルグレーチング・
天然石充填グレーチング・車止め・ツリーフレンド

(2)フード機器
かき氷機、アイスクラッシャー、フードスライサー、フードカッター、ベーカリーオーブン、
焼き物器、IH電磁調理器、タオルウォーマー、鉄鍋、やまがなべ、スキヤキ鍋、ステーキ皿
所属団体 日本鋳造協会 三重県鋳物工業協同組合 JCW工業会
日本厨房工業会 日本能率協会
事業所
事業所名 住所 敷地面積 建築面積
桑名工場 三重県桑名市大字芳ヶ崎字堂ヶ峰1533-1 20,280m2 12,784m2
部品センター 三重県桑名市大字森忠1747番地の2 6,810m2 4,318m2
いなべ工場 三重県いなべ市北勢町京ヶ野新田字下周囲611 46,899m2 12,966m2
従業員 327名(平成29年3月現在)
機械設備 桑名工場
自動造型ライン:3ライン
(AD-10W 1,100×1,040×250/250:1ライン、DISA 2110 400×500×200/200:2ライン)
F1造型機:1基
1tハンガーショット機:1基
エプロンショット機:3基
高周波誘導炉2t/B:2基
湯道粉砕機:1台
カチオン電着塗装:1ライン
自動静電塗装(溶剤):1ライン
レーザー加工機:1台
プレスブレーキ:2台
シャーリング:1台
NC加工専用機:1台
NC施盤:1台

いなべ工場
自動静電塗装(粉体):1ライン
特殊抵抗圧接機:3基
グレートカッター:1基
フリクションソー:4基
ecoグレーチング製造設備:2ライン
タレットパンチプレス:1台
ブレーキプレス:1台
シャーリング:1台
機械プレス:7台
TIG溶接機:11台
歪み取り機:1台
バリ取り機:2台
自動メタルソー:2台
FRP2次元切断機:1基
非鉄溝蓋製造機:2基
非鉄高速切断機:2基
非鉄高速自動切断機:2基
MIG溶接機:8台
バンドソー:3台
試験設備(桑名工場) 発光分析装置:1台
CEメーター:1台
1000KN圧縮試験機:1台
300KN万能試験機:1台
ブリネル硬さ試験機:1台
画像解析装置(黒鉛球状化率測定):1式
電磁式膜厚計:1台
主要取引金融機関 三菱東京UFJ銀行桑名支店
三井住友銀行名古屋支店
みずほ銀行名古屋駅前支店
商工中金四日市支店
百五銀行桑名支店
大垣共立銀行桑名支店
主要販売先 全国建築金物販売店・土木資材販売店・管工機材販売店・建材販売店・業務用厨房機器卸商社
主要仕入先 ユアサ商事(株)・高沢産業(株)・阪和興業(株)・丹羽鋼業(株)・(株)カノークス

会社沿革

昭和17年 8 月 三林喜十郎、森忠工場にて鉄工業を始める。
昭和21年10月 中部工業所を設立し、戸車の製造販売を開始。
昭和24年 4 月 中部工機株式会社に組織変更し、家庭金物製品の製造販売体制を確立する。
昭和44年10月 建築設備器材の製品開発と販売を開始し、建設業界に進出する。
昭和46年 6 月 三林喜彦が社長に就任する。
昭和50年 9 月 広見ヶ丘工場新築完成。鋳造製品の増産体制と合理化を計る。
昭和54年 9 月 建材事業部、日用品事業部の2事業部制をしき、2本柱の事業展開を計る。
昭和55年 2 月 中部グレート工業株式会社を設立。圧接グレーチングの製造強化を計る。
昭和55年 6 月 低周波電気誘導炉設置し、FCDの製造・販売の確立を計る。
昭和55年 9 月 広見ヶ丘工場第2期工事完成。建築設備器材の生産設備を強化し、一貫生産体制を計る。
昭和55年10月 TQC推進本部を設置し、全社あげての品質管理体制をしく。
昭和57年11月 日用品事業部において調理機器の開発と販売を開始する。
昭和58年 1 月 建材事業部において金属製造部門を作り、アルミ、ステンレスを素材として新建材商品の生産を開始する。
昭和58年12月 海外部門を新設し、貿易拡充を図る。
昭和59年 2 月 本社工場新築完成。本社機能の充実と日用品部門の生産設備のライン化を計る。
昭和60年 5 月 UL、NFSの規格を取得し海外部門の充実を図る。
昭和60年 6 月 大型鋳造ライン増設し、小物から大物まで計4ラインで、合理化を確立。
昭和62年 7 月 広見ヶ丘工場第3期工事完成。金属部門の充実強化を計る。
昭和63年 5 月 JIS(日本工業規格)表示許可工場の認可を受ける。
昭和63年 7 月 業界初のカチオン電着塗装ライン、広見ヶ丘工場完成。ステンレス電解研磨ライン新設。
平成 元年 7 月 三重県員弁郡に北勢工場第1期工事完成。中部グレート工場移転と同時に圧接機4号ラインを増設し、増産体制を図る。
平成 元年10月 JIT生産体制に取り組み、ムダゼロに挑戦。
平成 2 年 2 月 北勢工場自動溶接ラインの増設。
平成 3 年 7 月 北勢工場第2期工事完成。同時に商品の屋外展示場、テニスコート完成。
平成 4 年 4 月 天然石充填景観グレーチングの販売を開始。
平成 4 年 9 月 日用品事業部をフード機器事業部に改め、外食産業における省力化機器開発の強化を図る。
平成 5 年 3 月 第1回、第2回私募債(4億円)発行。
平成 5 年 8 月 新本社ビル完成。同時に、フード機器事業部・本社工場も広見ヶ丘工場へ移転、合理化を計る。
平成 6 年 3 月 第3回、第4回私募債(2億円)発行。
平成 6 年 9 月 中部グレート工業株式会社を吸収合併する。新鋭鋳造ライン(DISAMATAIC)2基導入し、計5ラインで生産の強化を図る。
平成 8 年 7 月 日本下水道協会認定工場の許可を受ける。
平成 8 年 9 月 北勢工場が県内初のISO14001認証取得。三重県下の企業として第1号の取得となる。
平成 8 年10月 株式会社 中部コーポレーションに社名変更。設立50周年
平成 9 年 3 月 資本金を120百万円に増資。
平成 9 年11月 北勢工場の金属製建材製品生産ラインを増設。金属製建材部門の製販体制強化をはかる。
平成10年 3 月 全事業所がISO14001認証取得。
平成13年 4 月 名古屋営業所を本社に移転し、三重営業所と併合し中部営業所に改め、受注センターを発足させる。
平成13年 5 月 北勢工場に新型圧接機を導入する。
平成14年 1 月 マレーシアに子会社 中部マレーシアを設立。金属建材部門の工場完成。
平成14年10月 全事業所がISO9001:2000認証取得。
平成17年 7 月 三林義典が社長に就任する。
平成17年12月 中国に子会社 中部テクノ(上海)商業有限公司を設立。新製品の立案・設計等研究開発機能を持った商社を発足させる。
平成21年4月 子会社 ジョイテック(株)を吸収合併。
平成25年2月 資本金を100百万円に減資。
平成25年10月 盛岡営業所 開設
平成26年4月 沖縄営業所 開設
平成27年9月 札幌営業所 開設